CALENDAR
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     
<< September 2019 >>

CATEGORIES
RECENT COMMENTS
LINKS
PROFILE
abby



zack


zackが家族になって
OTHERS
ARCHIVES
SPONSORED LINKS

m's box

abby(元捨てられ犬)& zack(柴犬)との気ままな生活。
2019/09/10
『愛してるって言えなくたって・・・』(五十嵐貴久著)

久しぶりの五十嵐氏作品。
途中斜め読み。
「おっさんずラブ」くらい弾けた方が面白かった、かも、と思わないでもない。



ランキングに参加中です
にほんブログ村 その他日記ブログ 雑感へ

JUGEMテーマ:読書

| 読書 | 18:27 | comments(0) | - |
2019/09/03
奥田英朗氏の新刊が出た、と知り、早速図書館に予約を入れた。
ひとり待ち。

他に何かあるかな、と新刊を眺め、もう2冊予約を入れた。

本当に読むのか???



ランキングに参加中です
にほんブログ村 その他日記ブログ 雑感へ

JUGEMテーマ:日記・一般

| 読書 | 17:33 | comments(0) | - |
2019/07/08
読書記録。

『散歩するネコ れんげ荘物語』(群ようこ著)

まだまだ話は続きそう。
次回作も楽しみ。



ランキングに参加中です
にほんブログ村 その他日記ブログ 雑感へ

JUGEMテーマ:読書

| 読書 | 19:31 | comments(0) | - |
2019/07/01
読書記録。

『その話は今日はやめておきましょう』(井上荒野著)

私が老夫婦の立場なら、赤の他人を簡単に家に入れることはしないが、一度入れてしまったら、ありそうな話だと思った。

近所の古家が壊され、更地になったところに新しい家が建ち、若い人が住む。
その人たちとどう付き合うか、私にはそちらのほうが現実的だ。
近いうちに、斜め向かいに建った新しい家に、若い家族が来る。



ランキングに参加中です
にほんブログ村 その他日記ブログ 雑感へ

JUGEMテーマ:読書

| 読書 | 19:29 | comments(0) | - |
2019/06/17
読書記録。

『ネコと昼寝 れんげ荘物語』(群ようこ著)

寒すぎるとか暑すぎるとかは、ちょっと我慢できないかもしれないけれど、こういう生活がいい。



ランキングに参加中です
にほんブログ村 その他日記ブログ 雑感へ

JUGEMテーマ:読書

| 読書 | 18:34 | comments(0) | - |
2019/06/11
読書記録。

『たぶん最後の御挨拶』(東野圭吾著)

東野氏がエッセイを書いているとは知らなかった。
興味深い内容だった。



ランキングに参加中です
にほんブログ村 その他日記ブログ 雑感へ

JUGEMテーマ:読書

| 読書 | 16:50 | comments(0) | - |
2019/06/06
読書記録。

『この先には、何がある?』(群ようこ著)

群氏の半生の一部。
そんなこともあったのか、家なんか建てないと言えばよかったのに、と以前にも思っていたんだった、と思ったり。
懐かしい名前も出てきたし、テレビドラマになったこともあったとは知らなかった、と動画で少し見てみたり。

まだまだ書いてほしい。




ランキングに参加中です
にほんブログ村 その他日記ブログ 雑感へ

JUGEMテーマ:読書

| 読書 | 18:10 | comments(0) | - |
2019/06/04
読書記録。

『咳をしても一人と一匹』(群ようこ著)

『おかめなふたり』から、一気に現在になり、しいちゃんはまだ生きていた。
御年19歳。
すごい。
まだまだ生きていて欲しい。



ランキングに参加中です
にほんブログ村 その他日記ブログ 雑感へ

JUGEMテーマ:読書

| 読書 | 18:45 | comments(0) | - |
2019/06/03
読書記録。

『おかめなふたり』(群ようこ著)

別の本を探したが見つからず、見たことのない表紙だったので、借りてみた。
もう17年も前の本だった。
飼い猫しいちゃん、何度も本の中で知っているびいちゃんの話。




ランキングに参加中です
にほんブログ村 その他日記ブログ 雑感へ

JUGEMテーマ:読書

| 読書 | 16:15 | comments(0) | - |
2019/05/27
『あちらにいる鬼』(井上荒野著)

井上氏のインタビュー記事を読んで、手に取った次第。
久々に、まともな読書。
字が小さいので、夜は老眼鏡をかけて読んだ。

現実の世界とは思えない。
共感するところが全くなく、理解できず、不可解なことが読後もずっとあちらの世界に思いをはせている感じ。



JUGEMテーマ:読書

| 読書 | 12:09 | comments(0) | - |